育毛シャンプーについて

薄毛と生活習慣

毛髪は体の臓器に比べると、生命維持に関しての重要度が低く、栄養が足りない場合、臓器への栄養供給が優先され、毛髪への栄養補給が後回しにされます。
これでは、育毛シャンプーなどで頭皮をいたわっても毛髪が育ちません。
食事制限などの無理なダイエットで、髪のつやがなくなり、抜け毛・薄毛の原因となります。
また、無理なダイエットがストレスになり、そのストレスから抜け毛・薄毛になってしまう場合もあります。
ダイエットを行う場合には、栄養バランスを考えて体に負担をかけてはいけません。

 

薄毛や抜け毛の対策は、体の健康対策と同じです。
片寄った食事をとらず、栄養バランスを考えた食事、生活リズムを整えることが大切です。
それによって、ストレスにも強い身体を作ることができます。
過度のストレスは頭皮の血行不良を引き起こし髪の成長によくないので、ストレスをなくすことが薄毛・抜け毛対策となるのです。
また、喫煙はもちろん、アルコールの取りすぎも血行を悪くします。
アルコールは適当量ならば血行を良くしますので、飲みすぎないよう気をつけましょう。
睡眠不足もまた、髪には良くありません。
睡眠不足で疲れていると、栄養が臓器に優先的に送られて、毛乳頭には送られにくくなるからです。
副交感神経が活発に働く夜の睡眠中が、体の新陳代謝が最も良くなって髪にも栄養が行き届くのです。
良い睡眠、良い生活習慣で、体や髪の健康を守りましょう。
そして、育毛シャンプーを使って頭皮の状態を整え、薄毛・抜け毛を防いでください。

薄毛と喫煙の関係

一般に喫煙は体に害があるものですが、毛髪にはどのような影響があるのでしょうか。

 

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮する作用があります。
このため、喫煙により血液の循環が悪くなって、頭皮に送られる栄養量が減ってしまいます。
更にニコチンはビタミンCを破壊します。
そのため、タバコがストレス解消ではなくストレスを起こす原因になり、頭皮の弾力が失われてしまいます。
頭皮の状態が悪くなると、髪の成長が阻害されてしまいます。
また、血管の収縮により、肌荒れやしみ、そばかすの原因にもなります。

 

喫煙は、平成18年度厚生労働省研究班の研究によると、40歳時点での喫煙者は男性で約5年、女性は約4年、吸っていない人に比べ余命が短いのです。
また、喫煙は単独でがんの原因の30%を占めます。
タバコの煙には、ニコチンだけでなく、発がん物質や発がん促進物質、その他有害物質が多種類含まれています。
低ニコチン・低タールのタバコの喫煙はある程度健康への影響を軽減できるものの、吸わない人に比べると高リスクであることには変わりありません。
喫煙は、歯周病の原因にもなります。
このように、喫煙は健康には良くないことがはっきりしています。

 

タバコの本数を減らしたり禁煙して、体の健康を取り戻し、育毛シャンプーで頭皮と髪の健康も取り戻しましょう。
禁煙には体重増加はつきものですが、それ以上に禁煙の健康への効果は大きく、禁煙に成功したら次に体重のコントロールをしてください。
そして、健康や頭皮や髪を保つよう、育毛シャンプーで正しいヘアケアを心がけましょう。

女性の脱毛症

女性は男性に比べて薄毛や抜け毛が少ないと言われています。
しかし、薄毛に悩む女性は少なくありません。
薄毛の原因は様々ありますが、男性に比べて、女性の薄毛は改善の可能性が高いと言われます。
女性の薄毛には、最も多い薄毛のタイプの瀰漫性(びまんせい)脱毛症や、分娩後脱毛症、牽引性(けんいんせい)脱毛症、批糠性(ひこうせい)脱毛症、皮脂の過剰分泌が原因の脂漏性(しろうせい)脱毛症などがあります。

 

髪が全体的に薄くなるのが特徴の、瀰漫性脱毛症は女性のみの脱毛症です。
特に髪の分け目のあたりが薄くなり、皮膚が見えるようになります。
30代後半以降の女性に多く見られる症状です。
AGA(男性型脱毛症)とは違い、生え際の後退は見られません。
原因としては、老化、極度のダイエット、ストレス、経口避妊薬(ピル)、過度のヘアケアなどが挙げられます。

 

分娩後脱毛症は、妊娠後期に女性ホルモンの影響で長く成長期にあった髪が、出産後に女性ホルモンバランスが正常に戻って、一気に髪が休止期に入り、抜け毛が増加する症状を指します。
脱毛は産後2ヶ月くらいから6ヶ月くらいで、長くても1年以内に収まります。
ただし、産後のストレスが重なる場合や、高齢出産で体力が回復しない場合には、自然回復が難しい場合があります。

 

牽引性(けんいんせい)脱毛症は、ポニーテールや束髪などによって髪が過度の力で継続して引っ張られることで起こる脱毛症です。
一般的には、髪を引っ張らないような髪型に変えると症状は収まります。

 

批糠性(ひこうせい)脱毛症は、過度の洗髪などの皮脂の取りすぎが原因で起こります。
乾燥したフケを伴う脱毛症で、フケが毛穴を塞いで炎症を起こし、髪の成長を妨げます。

 

このように、女性の薄毛は自分に合った育毛シャンプーを選ぶことで、防ぐ事ができる症状が多いのです。
育毛シャンプーと正しいシャンプー法で、大切な髪を守りましょう。