育毛シャンプーについて

ヘアーカラーリングの種類

育毛シャンプーで髪をいたわる人は、ヘアーカラーリングに対してもその種類や髪への影響を知っておきましょう。

 

ヘアーカラーリング剤には医薬部外品にあたる染毛剤と、化粧品に分類される染毛料があります。
毛髪中で化学反応を伴い発色するものは薬事法で医薬部外品の染毛剤とされていて、酸化染料の量は有効成分ごとに使用時の上限濃度が設定されています。
酸化染料と、半永久染毛料に使われている酸性染料は別のもので、説明書きを見る際に注意が必要です。

 

染毛剤は永久染毛剤と脱色剤・脱染剤に分けられます。
永久染毛剤はさらに、酸化染毛剤・非酸化染毛剤に分かれます。
酸化染毛剤はヘアカラー、ヘアダイ、白髪染め、おしゃれ染め、おしゃれ白髪染めなどで、一度でしっかり染めあがり、2?3ヶ月色持ちします。
主成分の酸化染料が毛髪中に浸透して、酸化した染料が毛髪中で結びつき発色し、色を定着させます。
ただし、人によっては配合染料でかぶれるので必ず毎回使用前にパッチテストが必要です。

 

非酸化染毛剤は、かぶれやすい人が白髪をしっかり隠すもので黒っぽい色のものしかなく、明るい色にはできません。

 

脱色剤は、毛髪の天然色素(メラニン)を脱色するもので、ヘアブリーチ、ヘアライトナーのことです。
脱染剤は、毛髪の天然色素(メラニン)・染毛による毛髪中の定着した色を脱色します。
通称はデカラライザーです。
脱色剤・脱染剤は酸化染料が配合されていないので、かぶれることはほとんどありません。

 

染毛料は、半永久染毛料・一時染毛料に分けられます。
半永久染毛料はヘアマニキュアやカラーリンスで、色持ちは2?3週間です。
ヘアマニキュアは、1度の使用で酸性染料の一部が髪の内部まで浸透し染毛します。
カラーリンス、カラートリートメントは使用していく間に酸性染料が髪の表層部に徐々に浸透して髪を染めていきます。
ただし、永久染毛剤ほどの染着力はなく、毛質によっても異なります。

 

一時染毛料は洗髪などによって流れ落ちるヘアカラースプレーなどのことです。
着色剤を毛髪の表面に付着させ、一時的に毛髪を着色します。

 

このようにカラーリング剤には様々なものがあり、かぶれなどのトラブルも多くあります。
必ず、説明書きをよく読んで髪の状態に合わせて使用してください。
育毛シャンプーなどと同様、髪に対する影響を知るのはとても大切なのです。

ヘアーカラーリングのかぶれについて

ヘアーカラーリング剤の、医薬部外品にあたる染毛剤である白髪染めやおしゃれ染めなどの酸化染毛剤は、髪にしっかりと色を定着させて色持ちが良いのが特長です。
しかし、人によってこのヘアーカラーリングが原因でかぶれを起こすことがあります。
これは、主成分である酸化染料が原因になって、アレルギー反応が起こるのです。
一度、酸化染毛剤でかぶれた人は、体内に抗体ができてしまうので、次に使用した場合にもっとひどいかぶれが起こります。
これは一生続くとも言われます。
そして、今までかぶれたことがない人でも、突然かぶれが出る場合があります。
そのため、酸化染毛剤を使用する前には、これまでかぶれたことがない人であっても、毎回必ずパッチテストをしてください。
これまで何度も毛染めをしてもかぶれたことがないと安心してはいけません。
体質の変化などで、ある日突然かぶれることがあるからです。

 

また、永久染毛剤である非酸化染毛剤は、酸化染料は使われていません。
しかし、まれにかぶれを起こす人もいます。
このため、酸化染毛剤と同じように、使用前には必ずパッチテストをしてください。

 

育毛シャンプーで頭皮を守るように、ヘアーカラーリング剤を使用する際にも頭皮に対する影響を考えて使用してください。
説明書きをよく読んで、きちんとその内容を把握した上で使用しなければならないのは、育毛シャンプーであってもカラーリング剤であっても変わりません。
大切な毛髪や頭皮を、しっかりと守ってください。

ヘナ商品でのトラブル

植物染料であるヘナは、ミソハギ科の低木で、このヘナを使用した染毛料には、葉を乾燥・粉砕したパウダー状のもの、クリーム状のもの、シャンプーなどがあります。
ヘナだけで染毛すると淡赤から淡褐色となります。
このため、ヘナだけでは黒く染色はできず、日本人の白髪染めとしての効果はほとんどありません。

 

2007年に国民生活センターで、ヘナ配合をうたったケミカルヘナやブラックヘナなどの表示のある商品の中には、医薬部外品でないのに酸化染料が含まれているものがあると発表しました。
テストした商品のなかには、一般的な染毛剤と比べ比較的高濃度のものと同程度、酸化染料が配合されていたものがあります。
また、人毛かつら用、雑貨品などの表示があるにもかかわらず、頭髪に使用すると受け取れる表示のある商品もありました。
これらの商品は、医薬部外品の個別承認を受けていなかったため、薬事法に抵触すると考えられました。

 

また、頭髪に使用する毛染め商品で、化粧品に分類されるものは成分をすべて表示しなければなりません。
しかし、このテスト商品の中には、酸化染料が検出されたにもかかわらず表示されていなかったので、成分表示に問題があることがわかりました。

 

このように、表示方法が間違っていたり、法律に違反するような商品も存在します。
人毛かつら用の商品は毛髪には使用できません。
また、ヘナの表示があってもこのように酸化染料が配合されているものも販売されているため、注意が必要です。

 

ヘナ商品だけに限らず、育毛シャンプーなど人体に触れるような商品は使用説明をよく読み、おかしいと感じたときには、消費者センターなどに相談することが大切です。
育毛シャンプーなどを使用して、かぶれなどアレルギー反応が出た場合には、すぐに使用を中止してください。
育毛のための食生活