自費出版について

<スポンサードリンク>

売れる本を作る

自費出版はなかなか売れないと言われています。
その理由は様々ですが、本が100%売れないというわけではありません。
ではどのようにしたら売れる本を作ることができるのでしょうか。

 

個人で本を出してたくさん買ってもらえたという話を聞く事はほとんどありません。
その理由に自分の書きたいことを書いているということがあります。
つまり自費で本を出すのだから、自分の好きなように本を書きたいという人が多いのです。
当たり前のことに思えますが、大切なことが抜けている場合が多いのです。

 

 

それは本を読む人の立場になって本を作る事です。

 

自費出版の多くは自分の考えや想いを一方的に書いてしまう傾向があります。
しかしそんな本は読んでいる側からすれば面白くもありません。

 

 

もう一つ大切な点は読んでもらいたい人を決めることが大切なのです。

 

どんな人に向けて書いた本かが明白でないために中途半端な本になってしまっている場合が多いです。
誰でもいいから読んでもらいたいではなく、読んでもらいたい人を決めましょう。

 

そして売るために大切なのが宣伝です。出版社からの宣伝だけでなく、個人の宣伝も必要となってきます。
直接色んな人に話すことはもちろん、最近はインターネットが普及しているので利用するのもいいでしょう。
何もせずに買ってもらうのを待っていても、なかなか手にはとってもらえません。
書店に本を並べて、多くの人に買ってもらいたいのであれば、本を書く努力と売る努力は必要になります。

自費出版は儲からない

自費出版をしても儲からないという言葉はよく聞くと思います。
そもそも出版した目的が記念であって、売るのがメインではない人もたくさんいます。
売れなくてもいいから書店に並べてみたいという人がいるのも事実です。

 

では、自費出版はなぜ儲からないのでしょうか。
その理由の一つには個人で最初に負担する費用が大きく、本が売れてもなかなか最初の出費を補うことができないからです。
名前が知られていない分、売れても限度があるのです。
他にも理由があります。
書店に並べるだけでは売れないのです。
書店のどの位置に並べるかはお店の自由であるため、自費出版された本の多くは人目のつかない辺りにあるのが現状です。
部数も少ないため平積みにもしてもらえません。
また、売れなかったら返品になるためあまり利益は期待できないのです。
個人で出版した本であっても、有名な著者の本と同じくらいの価格になっています。
そのためどうしても、一般の人からすると聞いたことのない人の本に同じ値段を払えないと言う人もいるのです。

 

儲からなくても有名になれたらそれでいいという人もいます。
自費出版した本が売れれば作家としてデビューできるかもしれないという人もいるかもしれませんが、自費出版では厳しいでしょう。
作家デビューを希望するのであれば、自費出版より小説など公募している出版社に応募する方がいいです。
自費出版よりも作家になるための近道になります。賞が取れれば作品の依頼もきます。

<スポンサードリンク>