写真撮影のコツとテクニック

ポートレート写真

ポートレート写真を撮影するためのいろいろなテクニックを理解し習得すると、
人物 写真撮影 の幅がかなり広がります。

 

グループ写真の撮影の仕方を屋外と屋内に分けて説明していきましょう。
一般的にグループ写真は屋外で撮影する方が上手に撮影できるというのがあります。

 

可能であれば、ぜひ皆に屋外に出て撮影してもらいましょう。
それができないような場合は、屋内でのグループ写真に関する下のアドバイスに従って撮影するようにしてください。

 

 

それではまず屋外の撮影の方法から説明していきます。

 

最初に皆が1列に横に並んだ、まったく素直な記念写真を撮影しましょう。
晴れている場合は、皆を日光に向かって1列に並ばせるように心がけましょう。

 

曇っていれば特別に注意する点は必要ありません。
車や木やブランコなどのような、小道具を使って人を配置するようにするとより良くなります。

 

皆のポーズに変化を持たせるのです。
カメラの方を真っ直ぐ向いている人、カメラとは別の方向を見ている人、座っている人、
何かに寄りかかったりつかまったりしている人といった具合に変化させるのです。

 

 

人数の多い場合は、できるだけグループに分けて配置します。
3人ずつのルーズな三角形を入れると上手に撮影できます。

 

 

次に屋内の撮影方法について説明します。
屋内のグループ写真の配置では、必ずフラッシュを使用することが前提となります。

 

この場合、撮影範囲と写真の構図が制限されてしまいます。
皆にフラッシュが届くような範囲内に並んでもらう必要がありますので注意してください。


<スポンサードリンク>