投資信託とは

<スポンサードリンク>

投資信託とは

投資信託、という言葉を耳にした事はおありでしょうか?
最近、頻繁に使われている言葉なので、見たり聞いたりした事のある方も沢山おられるかと思われます。

 

投資信託とは、というご説明をする前に、まず「投資」と「信託」についてご説明します。

 

投資とは、現在の資本を投じて、将来的に資本を増やして行こうという行為の事です。
投資には様々な対象があり、例えば土地、マンション、為替、株、といったものは全て投資の対象となります。

 

或いは、人間もその対象となり得ます。
実績のない才能のある人間を、お金を掛けて自分の元に来させたり、成長させたりするのも投資という定義に当てはまります。
つまり、プロ野球のドラフトも投資の一つなんですね。

 

そして信託は、投資家たちが資産運用会社に資金を預かる行為を指します。

 

これらを複合させたのが、投資信託です。

 

投資信託とは、資産を運用する証券会社や投資信託会社などの専門機関が信託された資金を対象に投資し、その運用によって発生した利益を投資家に分配するという金融商品の事です。

 

つまり、貯金を専門の運用会社に預け、運用会社に資金を運用して貰い、利益が発生した場合にその一部を貰うというシステムです。

 

近年、この投資信託がブームとなっており、初心者の方が急増しています。
というのも、資金を預けるだけなので、専門の知識を必要としないからです。
しかし、実際はどの会社に預けるのが良いのかをしっかりと勉強してから投資信託を購入するのが好ましいです。
初心者だからと言って、初心者専用のハンデがあるというわけではありません。
みんな同じ条件なのです。

 

投資信託とは、夢を掴むわらしべにもなりますが、道しるべを見失う切欠にもなり得るという事を常に頭に入れておきましょう。

投資信託のリスク

投資信託は、資産を運用する上で最も「楽」な方法と思われがちです。
というのも、運用をプロに委任できるので、自分自身の力量に関係なく資金の運用を行えるからです。
更に、小額の投資も可能なので、大きなリスクを背負わなくて済むという点もあるので、投資信託を軽んじる初心者の方は少なくありません。

 

それは、大きな間違いです。
リスクは決してゼロではないのです。

 

確かに、投資信託は運用のプロが行う分、素人よりも遥かに知識は高く、堂に入った運用を行えるです。

 

しかし、投資に必勝法は存在しません。

 

つまり、プロでも失敗するという事です。
そして、その可能性は決して低くはありません。
景気に左右される事もあるし、誰も予想できないような変動というのは割と頻繁に起こるのです。

 

その割に手数料は高めで、様々な投資の中でもコストは決して低い方ではなく、それなりにリスクはあるという事になります。

 

しかし、これらのデメリットさえしっかりと把握しておけば、資金運用の手段としては最も堅実である事は間違いありません。
基本的には1万円から投資が可能で、単純に投資というのがどう言ったものかを試すには最適と言えます。
ですから、軽んじて見なければ、初心者向けの投資手段である事は疑いようのない事実です。

 

ファンドを選ぶ判断力を除けば、初心者と上級者の差は余りなく、例え初心者であっても大金を掴む可能性があるこの投資信託は、投資を実際に体験してみたい、投資したいけれど時間がなくて自分で売買したり勉強したりする時間がない人にオススメです。

 

投資信託の手数料などのコスト

投資信託は、自分に代わって資産を運用してくれる証券会社や投資信託会社に資本を委託する事で成り立つ金融商品です。
運用を任せる訳ですから、そこには当然手数料が発生するのですが、その手数料は銀行などへの預貯金、或いは株式投資や為替投資の際に会社へ支払う手数料よりかなり高くなります。
更に、手数料の他にも様々なコストが掛かります。
それらを御説明しましょう。

 

まず、購入時には販売手数料と消費税が掛かります。
販売手数料はファンドによっては無料となるところもありますが、相場としては基準価額の1〜3%程度と言われています。
消費税については省略します。

 

次に、換金時にもコストは発生します。
信託財産留保額や換金手数料は会社によって取る所、取らない所があるので、事前に確認する必要があるです。
換金時には消費税のほかに、利益が出た場合には所得税や住民税も掛かります。
これらは他の投資手段でも同じです。

 

これらのほかにも、信託財産から差引されるコストとして、募集手数料や信託報酬、売買委託手数料があります。
募集手数料は、投資家が投資信託を購入する時に支払う費用で、消費税も掛かります。
信託報酬は、投資信託の運用費用の一部を投資家が負担するというものです。
売買委託手数料は証券会社に売買注文を委託する為の手数料です。

 

これらのコストがどれほどの額掛かるかというのは非常に重要です。
特に初心者の方であれば、ただ単に購入時の料金にだけ目を奪われがちです。
そう言った初心者の方は、気が付かない間に損をしている可能性もあります。
全てしっかり把握し、どれだけの利益を出せばトータルでプラスになるのかをしっかり理解しておきましょう。
初心者だからこそ、こう言った努力は惜しむべきではありません。